2007.5.19 企業買収の波

NY市場は、今年に入り24回目の高値更新!
ダウとS&Pが週足で7週連続の上昇は、03年以来のこと。
ある程度一段上げの予測は前回のレポートに記しておきましたが、単なる微小な振幅の
水面波ではなく、相場を海に例えれば、まるで完全流体のうねりに近い動き。
波動をいっそう押し上げたことの、おこりは16日のジョージソロス氏の持ち株倍増。
石油サービス業界再編加速を見越したアイカーン氏の大量保有から始まった。
明けて、エドワード氏、ランバート氏、ウオーレン氏の動きにより、
流動性高まる中M&A期待案件が時を謀るように加速し噴出しました。
果てはボシュロムの身売り、そして昨日のGEのプラスチック事業の売却接近、
マイクロソフトによるアクウオンティブを60億ドル買収である。
この結果アクウオンティブはナスダック市場の中にあって77.8%の最大の上昇となった。
M&Aの下支え要因のひとつは長期金利の安定だが、10年債利回りが約3ヶ月ぶりの水準まで
上昇はリスク要因とはならず、NY市場はこの日、企業買収、消費者信頼感指数、
主力企業の投資判断引き上げで上昇となりました。
特にミシガン大消費者信頼感指数の事前予想中央値86.5、4月確報値87.1を上回り
88.7の予想外に伸びたことが際立った。
チャートは若干上ヒゲを伸ばした陽線でしっかりと5日移動平均線の上に位置し、
25日ボリンジャー+1シグマ13360ドル台から+2シグマ13600ドル台のレンジで移行している。

来週は住宅関連指標、24日の耐久財受注、米中戦略経済対話がポイント。
特に18日に中国人民元対ドル変動幅拡大で金利引き上げを中国人民銀行が発表したが、
核として為替相場の「不公平慣行」があるだけに事はすんなり進むはずがない。

アジア市場は上海B株、香港レッドチップ指数はプラス、ジャカルタ市場の伸びが目立ち、
欧州市場は、M&A観測で続伸、6年半ぶりの高値、ロンドン市場も約7年ぶりの高値でした。

 日本国内市場は米経済のソフトランディングから再加速を見極めない限り
強気に成れないというコメントもあるが、このところの不信が不信を助長させ
ている新興市場の下げはかなり深刻だ。ピークは過ぎたとはいえ決算発表も来週は続く。
前半、後半で分けた場合25日の権利付最終日に向け後半の方が強い可能性があるが、
市場の腰のタメが何処で表出するかがポイント。
RCI9日-85%、27日-5.06%、75日乖離率-0.32、
下値ラインは17237円、17651円を抜ければ17789円。
理想は上昇し下降、もみ合いながらの再上昇。



<決算先回り作戦>


21日-----アルファG(3322)出遅れ銘柄、業績内容期待、RCI9日-62%、押し目買い。
NFKHD(6494)定番銘柄だが、改善明確なれば、RCI-32%押し目買い徹底。
横河ブリ(5911)日報推奨銘柄、上値模索RCI9日-55%。



22日-----国際計測(7722)上に同じく、RCI9日-93%。
寿スピリッツ(2222)15日上方修正も反応なし、住友林株主、和菓子最大手。
ホクシン(7897)RCI-92%。押し目買い。


23日-----常磐開(1782)14日上方修正、第2ラウンドの買い見極めて。
スクエニ(9684)上昇基調、RCI-62%。押し目買い。


24日-----佐藤渡辺(1807)RCI9日-89%押し目買い、噴き値売り。
サハダイヤ(9898)来期黒転予想、博打銘柄。
ソフィアHD(6942)下げ止まり確認。
イチケン(1847)243円下値サポートラインになれば。押し目買い、RCI-97%。
MCJ(6670)48600円下値サポートライン、RCI-95%。
T&G(4331)RCI-85%日柄で押し目買い。


25日-------中国工(5947)日柄で様子見、RCI-92%。
ヤマウ(5284)買い板のボリュームを見ながらRCI-76%。
アルゼ(6425)、セタ(4670)定番銘柄

My Yahoo!に追加
このボタンをクリックすると、あなたのMy Yahoo!に追加され最新の記事を読むことが出来ます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。