2007.6.09 岐路

NY市場は8日の-198.94ドル。3月13日以来の大幅下落の後、4日ぶりの反発となった。
金曜日の上昇は12週連続を記録し3月21日、159ドル以来の上昇幅を付けた。
安値比率、5月10日、24日、6月7日の10%〜12%台からの自立反発であった。
今回の暴落の要因は8日、10年債利回りが2006年8月以降初めて心理的節目の5%を超え
5.13%を付けたことで世界的なインフレ、金利上昇懸念が奔流化したことに起因するが、
底堅い景気により利下げ観測の後退を背景に、昨年の夏以来、低かった金利状況が
いきなり1日の急騰で驚いた市場参加者の狼狽売り暴発による心理的な部分が多かった
というのがどうも核心らしい。
9日その利回りが再度上昇した後、5.10%台前半まで戻したことで金利上昇一服感が出て
目先安心感に繋がった。原油の急落も支援材料となった。
4月の貿易赤字も3ヵ月ぶりに縮小、市場予想赤字額を下回った。
今後の金利動向が気になるが、経済のファンダメンタルズに変化がない以上、FRBの動き、
出方にもよるが売り一巡後、ある程度の下落沈静化予想はあるらしいが、年末にかけての
緩やかな上昇が経済成長率回復とともに考えられるとの見方がある。

来週のNY市場の展開であるが、チャート上は上下ヒゲを抜きにして8日の実体陰線に対して
陽線で横に並んだが自立反発の域は出ておらず、上下動しながらのもみ合い調整ならば13日
の小売売上高をポイントに内需、デイフェンシブ系物色、大きく飛ばず小幅上昇ならば安定した上昇が考えられる。
勿論、金利原油為替動向、中東リスクを横目に見ながら週末のCPIに向けた上昇を期待したい。
個人的にはブッシュ大統領の視点の行方が気になるが・・。
昨日のアジア市場は全市場全面安のなか、上海B株指数だけがプラスで引けていたのも
なにかしらの意地が感じられた。

日本株式市場は、25日移動平均線17707円を下ヒゲ安値17696円で若干貫く大幅下落を演じ
たが、低位株の乱舞及び、前兆が見え始めた。
但し値動きはとりわけ激しく初動的なものに目を奪われると動揺のなか焦りを生じ、
自分自身のスタンスを見失ってしまうので、持続性と新しい流れをどう読んでゆくかが肝心
となる。
現状往年の動きを辿るはずはないと考えていい。目先11日の07年第1四半期GDP改定値発表が
物色の分岐点になりそうだが、今月下旬の参院選公示日までは低位株の人気が続く可能性は
あると山本伸氏の予想もあり、ここは慎重に見極めるべきである。
国内来週いろいろ経済指標はあるが世界的流れを鑑みても14日から15日の日銀金融政策決定
会合、及び福井日銀総裁定例会見がポイントになろう。追加利上げ8〜9月が山場である以上、
タイミングを模索する上でも福井氏のコメントに注目は集まる。
そんな中チャート上のレンジ幅は外人動向を気にしながら17521円〜18078円を予想する。

     

<注目銘柄>

 底値ゾーン
医学生(4557)、ラオックス(8202)、ミサワG関連。
         
 上昇基調
アドバネクス(5998)、三桜工(6584)、日配飼(2056)、佐田建(1826)、
前田建(1824)


上値模索
亀田製(2220)、東製鉄(5423)、小島鉄(6112)、三光純(8126)、常盤興(9675)


日柄サイクル
不動テトラ(1813)、東亜建(1885)、佐伯建(1889)、クインランド(2732)、
デジタルアド(4772)、明治海(9115)、関西汽(9152)。

 
昨年動いた銘柄
ヤマウ(5284)、タケダ機(6150)、ハナテン(9870)、TYO(4358)、
オーベクス(3583)、ジェコー(7768)、日本スピンドル(6242)、
ワットマン(9927)


*ここのところ順次上昇、上記の銘柄は日報で細かく追います。
新鮮な情報はTELホンで紹介して行きます。
尚6月決算先取り銘柄は週報、日報レポートを参考に。
ご興味のある方はご連絡下さい。




 
☆日報、週報、TSレポートから上昇、S高銘柄続出!

クインランド(2732)、ケミプロ(4860)、デジタルアド(4772)、関西汽(9152)、
太平洋海(9123)、東海運(9380)、佐渡汽船(9176)、ケイヒン(9312)、
フォーユー(7641)、阪神内燃機(6018)、不動テトラ(1813)、三光ソフラン(1729)
木村化(6378)、井筒屋(8360)、エイチアイ(3846)
ラオックス(8202)、国際航業(9231)、などなど。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。