2007.6.17

NY市場は、陽の寄引坊主を付け3日続伸。
ハイテク比率の高いナスダックは2001年2月6日以来6年4ヶ月ぶりの高値であった。
インテルも投資判断引き上げで過去1年での高値引けとなる。

上昇要因は、
!)CPIコア指数の+0.1%上昇
市場予想+0.2%を下回る結果を受け、このところのインフレ加速の強まりに対しての
CPIの落ち着きがブレーキとして作用、市場にとっての安心感に繋がったこと。
!)長期金利が5.2%下回ったこと。
!)5月の鉱工業生産指数は市場予想を下回るも、6月のNY連銀製造業景気指数が大幅上昇。
以上3点による。

来週のNY市場の展開は、19日の5月住宅着工件数でサブブライム問題の蒸し返しがない以上、
21日の景気先行指数と6月のフィラデルフィア連銀景況指数ぐらいの経済指標のポイント
しかないということは、やはり間隙を縫った金利動向次第ということになる。
チャート上でも昨日の高値13688ドルは6月1日の最高値だった13692ドルに後、
約4ドルと迫ったことになる。確かに上値余地は残しているものの金利の上げ下げで
一喜一優している現状では不確実性は濃いとみるべきである。
予想レンジは目先13400ドル台から13700ドル台とみる。

昨日のアジア市場は、米国主導相場の影に隠れながらも軒並み全市場上昇したが、
上海総合株価指数だけはこのところ連日7営業日続伸で疾走し再過熱感が流石に台頭して
14日から調整に入りし上海B株だけはマイナスの引けであった。

日本株式市場は、世界金利上昇懸念のなか15日の福井日銀総裁の定例会見が焦点であった。
会見内容は、「先行きの確証が欲しい。」と、やはりこの時期での金利上昇を警戒し
米国経済の不確実性もあり、金利維持の決定であった。ただ7月の利上げの可能性は残存
するも、8月か秋の今後の利上げ時期が濃厚となった。
国内、来週の展開予想であるが残念ながらNY市場経済指標のポイントが薄いのと同様
日本市場にも主立ったものはない。やはり金利動向次第に委ねられるということになる。
勿論、商品市況動向、為替原油動向、大局的には以前にも記したがヘッジファンドの歪み、
中東の地政学リスク、決して慣れ流してはいけないパレスチナの問題である。
自国に目を向けてみても政治システムは腐り果てている。自己保身、誤魔化しばかり、
清濁は必要であるがいったい無私なる政治家が何人いようか?すべては悪しき慣習と、
我々の無関心さの上で成立していることなのであろう。

チャート上予想レンジは、一応目先、25日移動平均線17738円を下値ラインに上値18007円
とみる。


     <注目銘柄>

不確実、転変加速する現状相場で確実100%にせめて90%でも近づくために
決算先回りのスタンス取り。


18日
鈴丹(8193)
今2月期第1四半期連結決算。営業増益予想。
チャートは底値ゾーン、出来高と買い板のボリュ—ウムを見て押し目買い。
過去性を持つので要注意!時価583円。

19日
東建コーポ(1766)
前4月期連結決算、最高益予想。
連06.4変 109.367 6.177 7.199 4.038 293.9 60円
連07.4  156.000 10.200 11.200 6.300 467.7 95円
連08.4予 190.000 12.500 13.500 7.600 564.2 95円
RCI9日-15%、27日-70%、75日乖離率2.30、参考に押し目買い。但し買玉の
エネルギーが膨らめば打診買いで勝負!6100円(10株単位)。
スリープロ(2375)、今10月期4月中間期連結決算。
中06.4  2.980   8 16 ▲4 ▲2.5 0円
中07.4  4100   90 80 100 5.301 0円
RCI19日56.66%27日48.01%、75日乖離率3.39、上昇局面にあり。時価131000円。

20日
ダイユエイト(2662)
今2月期第1四半期連結決算、続伸予想。
連07.2  26.569 876 714 382 71.3 18円記
連08.2予 28.200 930 760 410 65.9 18円
RCI9日-48.33%、27日52.21%、75日乖離率-0.59、なんらかの動きがあったと
してエネルギーが弱ければ75日移動平均線近辺で売り対処か。時価686円(100株)。

22日
HIS(9603)
今10月期4月中間期連結決算。
中06.4  148.020 2.685 2.973 1.741 52.2 0円
中07.4予 165.000 3.100 3.400 1.950 58.4 0円
RCI9日-31.66%、27日-2.12%、75日乖離率0.50、ボックスを上へ離れるかが
がポイント。慎重に見極めることが肝要。時価3440円(100株単位)。



※上記の銘柄は日報で細かく追います、新鮮な情報はテレホンで紹介して行きます。
尚6月決算先取り銘柄は週報、日報レポートを参考に。
ご興味のある方はご連絡下さい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。